このページは、SDレイヤーの1つ上の、SPレイヤーに行くためのページです。

常に、王道に立ち戻り、質問の逆回転を起こし、自分自身を伸ばしていき、

SPのレイヤーに行くために活用してください

起業部は、1つの事業体。営業マンではなく、事業化として扱うことが重要です

起業部を1つの事業としてみると、

  • SPまで:プレイヤー
  • SP以上:マネージャー
  • SP以上安定:事業構築、事業運営

となります。

SPまでは、プレイヤーとしての基礎の基礎を作り上げるフェーズです。

SP以上から、メンターグループを持って、実際にマネジメント領域を極めることが可能です。

SP以上から、安定した収入基盤と、攻めるフロー基盤をミックスさせる事ができ、連続達成をしつつ、事業構築や事業運営まで手を伸ばしてマスターすれば、投資家として事業を見る目線・ポイントも同時に磨かれます。

起業部でのハイパフォーマーは、あらゆる機会で特典を享受できるため、SIPの投資募集も優先的にアサインが可能です。

LCGは、90名近い応募に20名の枠でしたので、4.5倍の倍率でした。

起業部を事業として見た場合、SPになるかどうかが、成功の分岐点になる

起業部に入ると、NEWグループで3ヶ月間過ごします。

NEW3ヶ月
SDグループ/公式アンバサダー
SPグループ/シェアハウスオーナー

という道が王道です。

収益シミュレーション

SP基準ですと、LCA入会:15名→カレッジ入学:6名となり、

GP基準ですと、LCA入会:20名→カレッジ入学:8名となります。

これをもとに、収益シミュレーションを行うと以下のようになります。

▼SPの収益シミュレーション
  • カレッジ@20万×6名=120万
  • カレッジ@5万×20名=100万
  • 不動産@15万×6名=90万
  • 火災@5万×6=30万
  • IPO=20万

 合計:370万/月(XMなどは除く)

▼GPの収益シミュレーション
  • カレッジ@20万×8名=160万
  • カレッジ@5万×20名=100万
  • 不動産@15万×8名=120万
  • 火災@5万×8=40万
  • IPO=20万

 合計:440万/月(XMなどは除く)

SP・GPのキャッシュフロー

このキャッシュフローを作りながら、生活は、30万以内にしばらくコントロール出来れば、SPを12ヶ月安定させる事で、370万-30万=340万のフリーキャッシュフローを産み出せます!

SP時には、シェアハウスという特典があります。

40名のNEWが入ってくると、約40%が入居するので、16名。

約3部屋が積み上がっていく事になります。

シェアハウスは家賃収入(ストック)です。

月2部屋ずつ増やしていくと、1年で24部屋で、約240万のストックが積み上がります。

先ほどのフロー収入と合わせると、340万+240万=580万という事になっていきます。

さらにフリーキャッシュフローに当て先に、

  • DEAPの現物買い
  • DEA社の株式への投資
  • SIPでの事業投資
  • シェアハウスへの投資
  • 現物の時計資産への投資

など選択肢がかなり増えて行きます。

SPレイヤーを狙うための、3つの鍵

この3つの鍵さえ、きっちり抑えておけば、SPが狙えると思います。

▼第一の鍵:アポ数のコントロール 100-150
  • 月間のスケジュール作り:ルーティンと、1日のスケジュール作り
  • ゲーム理論:ゲーム理論の本気の理解
  • 決断する力:SP以上のレイヤーに行くと決める
▼第二の鍵:率 
  • 質問魔:本当にそこに行く人は、具体的な質問で溢れてくる
  • 自走PDCA:鮨一幸の世界で、自走するPDCAのレベル感を掴む
  • 他人の脳のクラウド化/頼る/可愛がれる:自分以上の人を巻き込み、頼る力
▼第三の鍵:採用母集団
  • 逆算思考:理想を組み立てる力
  • 網羅思考:不可能にフォーカスしない、可能にフォーカスする力
  • 自身のオーラ、空気:段階的に上がっていく自身の空気感