火災保険申請の受給おめでとうございます。

こちらのページは、

一度、申し込みから受給までを体験された方の中で、「この火災保険の申請をご紹介したい」という方向けの説明ページになります。

保険金受給金額の大小などは関係なく、どなたであっても紹介をする事が可能です。

実際に申請をして保険金が着金した事がある方なら、その時の感想を伝えるだけで興味を持ってくれます。

実際に活用してみたからこそ伝わる事がありますよね。

この機会にご家族やご親戚、ご友人、お知り合いの方へご紹介をしてみませんか?

火災保険申請について知らずに損をしている人は本当に多い

出典:保険の窓口インズウェブ「火災保険の請求経験に関するアンケート」

火災保険は、ほとんどの人が本質的な活用方法について知らずに損をしています。

火事以外の自然災害でも保険金を受け取れるのに、保険料だけを払っていて、一度も見舞金をもらうことがない、という非常にもったいない状態の方が多いのが実態です。

実際、この「知らないで損をしていた情報」を、身近な仲の良い方にも紹介したい、伝えてあげたいという相談を本当によくいただきます。

紹介した方が保険金を受給すると紹介料が出ます

紹介した方が保険金を受給すると、紹介料を受け取る事ができます。

1件の受給につき、3万円のご紹介料が出ます。(受給金額が50万円以上の場合が3万円。50万円以下の場合は1.5万円です)

具体的な受給事例

具体的な受給事例は、こちらになります。

一度、体験されているので、流れや感覚はお分かりかと思いますが、平均的には、

  • 一軒家で150万前後の受給金額
  • 一棟ものになると350万前後
  • 工場に関しては、1000万前後

が相場になっています。

実際に紹介を出した方の声

実際にご紹介された方のリアルな声をご紹介します。

初期コストや、余計なお金を払う必要がないので喜ばれる声が多いのが特徴です。

田邊宏倫さん(38)

初めて聞いた時には半信半疑でしたが、実家で1年間で4回火災保険を申請して145万円程受け取る事が出来ました。

紹介をさせてもらったのは、行きつけの整体院の先生です。台風でトイレが雨漏りしてしまって困っていると聞いて、すぐに教えました。自分が申請してみて、調査会社に手伝ってもらったので簡単で安心できた事を伝えただけです。

困っている人にこんなにも喜んで貰えるのはとても嬉しいです。

五十嵐 現一朗さん(50代)

自分がやってみて良かったので、親しい人にだけ伝えただけなのですが、こういう制度を知らなかったと本人からとても感謝されました。後は、人から人へと自然に繋がっていった感じなので、広がるとは想像もしていませんでした。

自分がやって見たことを一声かけるだけで、関わる人が豊かになることをシェア出来るのは、なんていい事なんだろうと思いました。伝えてないのは勿体ないと感じました。

どんな人に紹介をする事が出来るの?

基本的には、調査会社が調査へ伺える範囲は全国何処へでも訪問可能です。

ただし、地方への訪問の際にはある程度(*1)火災保険のご依頼件数が溜まってからの訪問になりますので、2ヶ月ほどお待ち頂く事もありますのでご了承ください。

尚、賃貸物件にお住いの方は、火災保険申請サポートをご利用いただく事ができません。

(*1)1都4県以外の場合は、同じ地域で5件以上ご依頼が溜まってからの訪問になります。

ただし、依頼自体は会社全体の依頼が含まれますので、現状の依頼件数を確認したい場合は、文末の申し込みフォームの備考欄にご記載ください。

火災保険申請サポートの対象者

  • 民間の火災保険に加入している方(全労済や県民共済などの共済などの保険も可能)
  • 戸建て、ビル、マンション、アパート、工場などの建物を所有されている方(マンションの区分所有や賃貸の方はNG)

こんな方に特に喜ばれています

  • どのように火災保険請求したら良いか分からない
  • 建物の状態を専門家にチェックしてもらいたい
  • 物件をリフォーム、修繕したいけどお金がない
  • 近日中に物件を修繕する予定がある
  • 物件を売却する予定なので、できるだけお金にしたい
  • コロナの影響などで先行きが不安なのでお金を確保しておきたい

調査会社の強み

代表取締役 吉井遼氏

会社名:株式会社Discovery(公式HP

設立:2015年 3月16日

事業内容:新築・増改築・店舗設計・リフォーム全般(内装工事・ 外装工事・塗装工事・水廻り工事・外構工事・下水道切り替え工 事等)

①火災保険申請サポート事業を11年行っている

最近は、火災保険調査会社が増えてきていますが、10年以上のノウハウを持っている会社はかなり数は少ないです。

②一社専属でのサポート

多くの調査会社が、大元が全国の代理店へ依頼を出して調査をする事が多く、責任の所在が曖昧になりやすいです。

ディスカバリーは、吉井社長自ら現場に出て調査を一社専属で行うため、責任の所在が明確で安心できます。

③火災保険の保険代理店(東京海上日動火災)ライセンスを保有している

ディスカバリーでは、2018年に保険のライセンスを取得しています。

これによって以下のような、申請者にとって大きなメリットを享受できています。

▼ライセンス取得の強み
  1. 加入保険会社が東京海上の場合に請求が通りやすい(金額も上がりやすい)
  2. 損壊箇所の請求額について事前に保険会社へ事例照会ができる(保険申請が通りやすくなる)
  3. 請求の際に保険会社からの信用を得やすい(火災保険申請サポート業務をしながら、火災保険の代理店のライセンスが取れている会社がほとんどない)

具体的な紹介の仕方

皆さんからのご紹介の出し方はとても簡単です。

下記のページを使って自身でご説明出来るようでしたら、説明をして興味をもち、やってみたいなとなれば、同じ流れで完了します。

もし、自分で説明するのに自信がない場合や、自分ではうまく伝えられなかった場合は、優秀なFPから簡単に説明して貰えます。

Zoomで30分ほどお時間を貰えれば、代わりにご説明させていただきます。

もし、イメージが湧かない場合は、以下の申し込みフォームから、FPの代理説明を希望する、にチェックをつけてお申し込みください。

 

【火災保険】お知り合い紹介の申請フォーム