このページでは火災保険の申請方法について解説していきます。

火災保険の簡単な流れとしては

  1. 火災保険申請フォームに必要事項を入力して送信する
  2. 調査会社からの電話連絡を受けて、調査日を決定する
  3. 調査を完了し、保険会社に見積もりの提出をする
  4. 保険会社から保険金を受給する
  5. 調査会社に成功報酬を支払う

がありますが、ここでは特に申請フォームの入力の仕方について説明します。

火災保険の申請をする際には、

  • フォームに入力する人間が誰なのか?(自分なのか、親族なのか等)
  • 保険の契約者が誰なのか?(自分なのか、親族なのか等)

に注意して申請する必要があります。

以下のフォームを開きながら読み進めてもらうとより理解が深まるかと思います。

火災保険申請フォームを開く

火災保険申請の際の注意事項

対象物件

対象物件種類は、3つです。

  • 一軒家(ご自宅、別荘、店舗等)
  • 一棟もの(マンション、アパート、ビル等)
  • 法人物件(工場、店舗、ホテル、旅館、お寺、病院など)

また、対象物件の条件は以下の通りです。

  • 築5年以上(5年未満は申請不可)
  • 火災保険に加入していること(火災以外の『落雷』『風害』『雪害』『水害』など加入必須)
  • 火災保険加入から6ヶ月以上経過していること

申請に必要な書類

火災保険証券データ(以下①〜③記載されているページ)

①契約者・契約物件情報、②③特約内容が記載されているページ

保険契約者に事前にお伝えいただきたいこと

保険契約者に対して、申請前にお伝えいただきたいことは、以下の通りです。

また、お伝えしずらい場合は、担当からご連絡させていただきますので、申請会当日にご相談ください!

  • 火災保険申請には、見積作成が必ず必要になるということ(個人で申請する場合も同じ)
  • 今回の申請サポートは、調査&見積作成を無料で対応させていただくということ
  • もし受給しなかった場合でも、手数料はかからないこと
  • 保険金受給後に火災保険の保険料が上がることがないこと
  • 受給完了後、成果報酬として50%の支払いがあること
  • 申請後、調査会社から電話(調査日程調整&ご自宅の状況確認のため)があること

申請後の流れ

ご登録いただいた連絡先へ【株式会社ディスカバリー】よりお電話させていただきます。

株式会社ディスカバリー
代表:吉井
TEL:080-6132-4638

その後の流れについては、以下の通りです。

  1. 担当より、お電話対応いただく方へ、連絡希望曜日に連絡させていただきます。
  2. その際に、物件情報の確認と調査日時を決めさせていただきます。
  3. 調査時に、調査後の流れと契約内容についてのご説明させていただきます。
  4. 調査した内容をもとに見積り後、申請が出来そうであれば、提出資料などの説明があります。
  5. 見積書類と提出資料を保険会社に申請して、査定待ちになります。
  6. 査定が下りた場合に、保険会社より保険金の振込がされます。振込完了後、調査会社へご連絡ください。
  7. 調査会社より請求書を発行させていただきますので、ご入金いただき、全て完了となります。

申請方法

以下のフォームより申請いただきます。尚、申請する上での注意点は、以下の通りです。

  • 『ご紹介者のお名前』には、「お金のセミナーを紹介してくれた方のお名前」を記載ください。
  • 受給があった場合の成果報酬は、【受給額の50%】になります。
  • 受給がない場合は、調査&見積提出している場合も、完全無料(手数料もなし)です。
  • 保険ご契約者(物件所有者)と、お電話対応していただく方が別々の場合、連絡先にはお電話対応していただく方の電話番号を記入してください。

例えば、親御さんの物件申請を自分で対応する場合は、

契約者:親
対応者:自分

となり、自分の連絡先を記載します。

※代理申請は、保険契約者から三等身以内の方が対象になります。

火災保険申請フォームを開く

具体的なフォームの入力の方法や注意点

繰り返しになりますが、フォーム入力には、フォーム入力をする人と実際に保険申請をする契約者に十分留意して記載してください。

フォーム入力者の名前、メールアドレス、紹介者について

まずこのフォームに入力している人のお名前、メールアドレスをご記載ください。

あなたがフォーム入力者になる場合、ご紹介者は「お金のセミナーを紹介してくれた方のお名前」を記載してください。

火災保険契約者と電話対応者について

次に、今回申請をされる物件の所有者であり、火災保険契約者である人のお名前を記載ください。

調査会社(ディスカバリー)からの電話対応をいただく際、火災保険契約者ではない方がご対応される場合は、その方のお名前を記載ください。

【例】
火災保険の契約者:父親
電話の対応者:自分

ご家族の物件を申請する場合は、申請から受給までひと通りの流れを理解するために、ご自身で対応することをオススメしています。

調査会社から受け取る見積りを保険会社に提出する場合も、その見積もりをあなたの住所に郵送することも可能ですので、できる限りご自身が流れを掴むようにしてください。

また、火災保険契約者が友人の場合は、電話対応する人間を「自分」にすることはできないので「契約者本人」が対応するように伝えてあげてください。(※代理申請は、保険契約者から三等身以内の方が対象です)

申請物件情報の入力

次に、申請する物件の住所を記載ください。

マンション、アパート、ビルなどの一棟ものを申請する場合は、必ずマンション名、アパート名、ビル名の記載までお願いします。

次に、物件の種類を選択し、物件の階数と築年数についてわかる範囲で記載ください。

なお、築年数は5年以上が対象になります。5年未満の場合は申請できません。

加入している保険について

加入している火災保険会社をお選びください。

加入している保険が選択肢にない場合は『その他』をお選びください。

また複数の保険に加入している場合は、その旨を一番下の備考欄に記載してください。

その際には、この項目では民間企業の保険を優先的にお選びください。

【例】複数加入の場合、優先的に選ぶ火災保険会社
JA共済 < 損保ジャパン
全労済 < 東京海上日動火災

さらに、加入している火災保険会社の証券データを写メでアップロードしてください。

その際、以下2つのページをメインに送ってください。

①契約者、契約物件住所が記載されているページ

②契約内容、特約が記載されているページ(火災、落雷、水害、雪害が対象、など)

サンプル画像です

都合のいい連絡時間帯の選択について

調査会社からご連絡させていただく際の、都合のいいお時間帯をお選びください。

複数選んでいただければ、よりスムーズな対応が可能になりますので、できる限りご協力お願いいたします。

また「連絡可能日時の詳細を記載」いただいた方が連絡取りやすくなり、結果的に申請・受給までがスムーズになります。

特記事項について

最後に、事前に伝えておいた方がいい連絡事項があれば特記事項欄に記載してください。

以前、火災保険を使って申請した実績がある場合は、いつくらいにどこの申請をしたのか、明記していただければと思います。

 

火災保険申請フォームを開く